NAZCA LEATHER


ご覧いただきありがとうございます。

当工房では素材にこだわった革製品を制作しております。
使用する皮革は主に国内最高峰のタンナーである栃木レザー製のフルベジタブルタンニングレザーです。
スタッズギターストラップ、ベルトを中心にブレスレットやキーホルダーなどをハンドメイドで制作しております。

デザインから裁断、縫製、発送に至るまで、全て個人で行っておりますので
ご注文をお受けしてから発送まで、多少のお時間をいただくこともございますが、
お客様からのご要望やご都合に合わせまして、柔軟に対応できるよう心がけております。

牛の原皮から数ヶ月の工程を経て”皮”から”革”へと手間ひまかけて加工されるタンニン革(ヌメ革)は、
化学薬品などにより短期間で効率よく加工されるクロムなめし革には無い、”革”らしい味わいや趣があります。
真皮層に時間をかけて染み込ませたタンニン成分が紫外線などに反応して赤み(深み)を増して飴色になり、
また使い込むことによりオイルや手の脂などで味のある艶が出てくるのが大きな特徴です。

市販されている量産された革製品のほとんどは、鞣し工程の効率や費用などの問題により
”クロム鞣し”、またはクロムなめし後にタンニンなめし加工をした”コンビ鞣し”の革により生産されています。
それらの革に比べタンニンなめしの革は、耐水性や染色性など劣る点は多々ありますが、
生体が生きてきた証や革本来の良さ、革らしさをより感じていただけるでしょう。

栃木レザーで学んだ皮革に関する知識を活かし、1点1点誇りを持って制作しております。
丁寧なモノ作り、丁寧なお取引で感動をお届けできるよう、これからも努力して参りますのでどうぞ宜しくお願い致します。